人気ブログランキング |

☆なんでも日記☆。。。ここへ、お越し下さいまして、ありがとうございます☆☆何か、コメントのこして頂けたら嬉しいです☆☆これからもどうぞよろしくお願いします☆☆


by メグ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:大切な言葉 ( 4 ) タグの人気記事

息抜きをする大切さ☆

結局、スイーツデコ作りはやめた・・・


今日は起きてから、ドン・キホーテ行ったり、買い物に行ったし暑かったし余計疲れたから・・・


まぁ、仕方ないかって思う(*^^*)


《出来ないときは、無理にしない》


それは、私の中の大切な言葉だから(*≧∀≦*)


だから、今はパソコンでmixiしたり、スイーツデコブログとか見たりして遊び&研究の時間にしてるd=(^o^)=b


無理なんてしちゃダメさねo(*⌒O⌒)b


無理しても、いい物は作れないし、楽しくないd(⌒ー⌒)!


物を作るには、息抜きが必要なんだよね(〃^ー^〃)


今、体は息抜きを必要としているんだと思う(*´∇`*)
by papy-gonta_love24 | 2012-08-25 17:39 | スイーツデコ

彼の言葉

彼から離れようとしてた私・・・

病気が離れさせようとしてたこと・・・

仕事中の彼に「離れないで」ってメールしたよ。

心の中では「厄介な私を許して・・・」って呟いてた(T_T)


でも、来るとは思わなかった仕事中の彼からのメールに書いてあった言葉は本心なの??(゜Q。)??


「離れないから心配するな」

彼のこの言葉が私の心を動かしましたo(^-^)o

プラスの方向にね(^_-)-☆


超単純な心だ、って思われてもいいんだ~


嬉しかったから、彼のこの言葉が(^O^)


彼の一言で、さっきまで揺れ動き悩んで辛かった私の心に笑顔がでてきたよ(^^)v

私にとって、彼の言葉はとても大事なんです\^o^/


心の栄養にもなるし、心の洪水にもなる・・・

でもね、彼の一言で救われましたo(^-^o)(o^-^)o


ありがとう、アポロン(#^.^#)
by papy-gonta_love24 | 2008-12-04 22:56

一生の言葉

私にとって、すごく大切で大好きな言葉があります(^O^)


葉っぱに同じカタチが無いようにひとりひとり違う個性を持っている。自分の個性を大切にしようよ


数年前、入院中に同じお部屋にいらした方から戴いたお言葉ですo(^-^)o

未だに忘れない、大事な言葉ですp(^^)q


自分にとって大事な言葉や大好きな言葉って自分が生きていく上でとても重要なパワーをくれる(^_-)-☆


この言葉をくれた方にまた会いたいって思うけれどこの世界にはいらっしゃらないから今は会えない・・・

でも、いつかは会ってお話したいし、私は伝えたいことがあります。

色んな事があるけれど貴女から素敵な言葉と優しさを戴いたから今、私は生きてられる、ありがとう

って、感謝したい(^O^)


とても優しい瞳をして、誰にでも明るい笑顔を与え、最期の最期まで立派に癌に蝕まれた命と闘っていました☆

とても心の強い女性でした☆

私にとって、病室のお母さん的存在でした(☆_☆)


末期癌という苦しい時間を過ごし、消灯後、カーテンの中で泣いていた姿・・・あの、声を殺し泣いてた姿は私は一生忘れないし、この方が生きていた姿も私は忘れない。


この方との記憶は一生の想い出としてこれからも残るし、この言葉もずっと私の中で生き続ける(^_-)-☆


今はまだ自分自身を個性とは感じられないけど、いつかはきっとそう感じて受け入れて自分自身が好きになれたらいいなって思うよ☆


私はいつも思います☆

葉っぱや花と同じように、人間にもひとりひとり違う個性があるということ。全く同じ人なんていやしない。

例え、障害を抱えていても、病気を抱えていても人間には代わりない☆みんな同じ人間だということ☆
自分自身と何かが違っていても同じ人間なんだよ

私は人を差別したり、指を指して笑ったり、悪口や相手を悲しい気持ちにするような事をしない人間になっていきたいんです( ^^)Y☆Y(^^ )


それが人間として、生きる上で大切なことだと信じているから\^o^/




by papy-gonta_love24 | 2008-09-01 21:50

家族へのラブレター

千の風になって”ドラマスペシャル第1弾
ドキュメンタリー・ドラマ『家族へのラブレター』を観ました。

元キャビンアテンダントで何事にも前向きな福原杏子(黒木瞳)。3人の子どもにも恵まれ、平凡ながら幸せな生活を過ごしていたが、ある日健康診断で精密検査をするように勧められる。夫婦で聞きに行った再検査の結果は胃ガン…末期症状で、余命3ヵ月だった。突然のガン宣告に最初は胃潰瘍と取り繕う夫・貴之(石黒賢)だが、隠しきれずついに本人に告知し、そして子どもたちや母・マサ(泉ピン子)にも伝える。いつも元気で家族の中心にいた母親の病気に動揺する、大学1年生の長男・健介(福士誠治)、高校2年生の次男・康平(林遣都)、中学2年生の長女・美幸(石橋杏奈)。それぞれが受験を控えたり、将来の夢を築き始めた直後の出来事だった。自分の余命を意識しながら、子どもたちへ何が残せるのかを苦悩し、家族と少しでも長く共に過ごそうとする母親。そして、その母親のために、それぞれができる精一杯のことをする家族。次男は母親のために甲子園を目指し、チームを勝利へと導き続ける。家族の愛に包まれ、奇跡的に2年間を生き延びた杏子だったが、ついにその日が訪れる…。


人はいつか必ずお☆さまになってしまう。それが早いか遅いかだけ。。。でも、そう考えてしまうけど本当は家族がお☆さまになってしまったら悲しいと思います。自分がお☆さまになってしまう病気抱えたらどんな風にかんじてしまうんだろう。。。
生について、命についてなんか考えさせられるドラマでした。
胃がんという病気に涙もしました。私に大切な言葉を教えてくれた大切だった人も胃がんでお☆さまになってしまったのです。思い出してしまいました。その人もきっとすごく辛かったんだろうなぁって思いました。自分が後、どのくらい生きられるのか。自分が後どのくらい普通のことをしていられるのか。。。きっと悩み泣き苦しんだと思います。でも、私には笑顔をいつも絶やさない優しい人でした。今でも私の心の中に大切な言葉と一緒に輝き続けています。
by papy-gonta_love24 | 2007-08-03 22:57