☆なんでも日記☆。。。ここへ、お越し下さいまして、ありがとうございます☆☆何か、コメントのこして頂けたら嬉しいです☆☆これからもどうぞよろしくお願いします☆☆


by メグ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:蜂窩織炎( 1 )

すごく稀な病気です。

ブログでは言わないつもりでいたけど、このブログは私の生きてる証でもある日記だから書こうと思いました(^o^)


2月24日は、メンタルの主治医に紹介してもらって、医師会でも人気な先生がいる整形外科へ行ったp(^-^)q


その前から、右足に激痛があったり、腫れて熱があったり、痣っぽく変な色になったり、とにかく大変だった日々が私にはあった(;´д`)


痛くて、痛くて。


辛くて、辛くて。


私の脳裏によぎるのは、「壊死」って言葉だった。


足が腐って死んでしまうくらいの痛みだったから。


そして、2月24日の午後、彼が行けなかったから1人で整形外科へ。


怖かった。


とにかく、怖くて不安で辛かった。


呼ばれるのが怖かった。


けど、壊死なら壊死でもいいから、早く呼ばれたい気持ちもあり、呼ばれてからすぐにレントゲンで撮影。


先生は、「骨かと思ったけど、骨は綺麗だよ」って言われた(^o^)v


けど、その後に言われた言葉はとてもとても辛かった。


「戻る静脈が鬱血してる、これはすごく稀な病気で、足を下げてちゃダメ、足は上げておくか、寝ててください。飲み薬と塗り薬出しておくから飲んでみてまた様子を見せて」って。


「壊死する寸前だったと言うことですか?」の質問に。


「これをほったらかしにしといたら、壊死してたよ」って。


もう、頭が真っ白になった。


その後、先生が病名を言ってたけどわからなくて、ただ、稀な病気としかわからず、なんて名前の病気なんだろうって考えてた。


それから、また1週間後のメンタルの主治医には、整形の先生から葉書がきたということで、病名を教えてもらった。


とても、難しい字の病名( TДT)


【蜂窩織炎】(ほうかしきえん)と言い、【フレグモーネ】という別名もあるってことを知った。



調べたら、炎症が重度の場合は入院が適応で点滴するみたいで、外来治療の場合は安静にし、足をあげておきながら、抗生物質を1週間投与を行うが、それ以上かかる場合もあり、2週間ほど投与することもあるらしく、私は、3月2日に見てもらったらまだ少し、熱があるからもう1週間、薬を飲んだり、塗ることになった。


早く、治したいなぁヽ(・∀・)ノ


今は、激痛はなくなったけど、まだ少しは痛みがあるから気を付けなくちゃかなって思うんだけど、中々足をあげてるなんてこと出来なくて、よく下げちゃう。


ダメなんだけど、しちゃう。


けど、壊死になる前に早く気がついて、病院に行って良かったo(*⌒O⌒)b
[PR]
by papy-gonta_love24 | 2012-03-04 21:21 | 蜂窩織炎